BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ブログ
  4. リサイクル業者の罠

リサイクル業者の罠

私は京都の実家の固定電話を 私の携帯電話に転送出来る様に設定しています
そしてその京都の実家に頻繁にかかってくる電話があります
それは大阪のリサイクル業者と名乗る電話でした

開口一番

何でも引き取ります
です

あまりしつこく業者からお電話がかかってきますので 母の婚礼ダンスが3棹ありますが 引き取れますか?と問いましたら
いいですよ~
引き取りま~す
と軽い返事
大きなタンスですよ
トラックで来るの?

そう問いましたら
そうですよ~
と また軽い返事

私は声を1オクターブ落とし 相手が大阪人ですので私も大阪弁で
ほんまに引き取るんやな?
もし 引き取れへん事になったらどうするんや?
と問いますと
そんな事あらへん 必ず買い取りますよ
と 強く言いますので 父の月命日にあわせて その業者を呼ぶ事にしました
約束の当日
やはり婚礼ダンスを引き取ると言ったのに 乗ってきました車は、K-ワゴン
業者は、とりあえず タンスを見せて下さいと言いながら 実家に上がり込み 母親のタンスを見るなり こんな大きなもん 無理
そう言いながら 部屋中を物色し始め
父のライカのカメラや 年代物のブランデーを指差し これやったら勉強して引き取りますよ
後 貴金属もある?
と実家に金目の物かあると勘違いしたのか 本来の目的の貴金属の話ばかりし始めます
あるならすぐ買い取ると言い出し とっさに横にいた私の長女が
貴金属は全て処分しましたと言ってくれました すると業者はさっと顔色を変え 帰り支度をし始めます

私は ちょっと待ちなさい
リサイクルする物は何でも持って帰ると言ったでしょうと?問い 準備した品物を見せましたら 見ようともせず 逃げるように帰って行きました
リサイクル品を引き取るというのは 完全に嘘 リサイクルという言葉はその自宅へ上がり込み 物色するのに一番騙しやすい言葉だという事が分かりました

きちんと鑑定し 引き取って下さる業者に紛れて 目欲しい物はないか物色目的で上がり込む自称業者が居るのです
安易に見知らぬ他人をご自宅に上げないよう 特に二人組の業者には、お気をつけ下さい
幸い 母親のタンスは大工さんが自宅で解体 処分して下さり、お部屋は片づきました
大阪からわざわざ京都に来るのもおかしいと思いました

本日はこの事が気になっていましたので ブログにアップ致しました

Follow me!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事


名前:吉田 九気
出身地:京都市
生年月日:9月生まれ
霊能師・除霊師、四柱推命 鑑定士、医学気功師