BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ブログ
  4. 霊感がある人と強い人の特徴とは?

霊感がある人と強い人の特徴とは?

霊感が無い人にとっては、どのような人が霊感を持っているのかが気になることでしょう。
この記事では、霊感を持つ人の特徴や、霊感を鍛える方法についてご紹介します。
霊感を持っている人の見分け方が気になるという方や、これから霊感を磨いていきたいと考えている方はご参考にしてください。

霊感とは?

霊感とは、理屈では説明できない霊的な感覚を、直感的に感じ取ることができる能力のことを指します。
イタコのような、霊を自分の体に乗り移らせるなどの超自然的な力に対しても霊感という言葉が用いられます。
現代の科学では証明することができないことから、霊感があるという人に対して懐疑的な人も多く、そもそも霊感の存在自体を信じていないという人もいます。

霊感は社会において曖昧に認識されているものであり、一部の人しか利用することができない能力であると考えると分かりやすいでしょう。

本来は霊的なイメージを感じ取ることに対してのみ霊感という言葉が使われますが、芸術家などが衝撃的な閃きを受けた場合にも使われることがあります。

霊感への捉え方が曖昧なまま社会に浸透しているため、人によって霊感という言葉の使い方も変わってしまいやすいという背景があり、非常にデリケートな言葉であることが窺えるでしょう。

体質による霊感の違い

人の体質によって霊感の強さは異なります。
霊感を持っている人の特徴を確認する前に、体質によってどのような違いがあるのかを確認してみましょう。

霊感が無い

霊感が無い、又は本人が自分に霊感は無いと思い込んでいるパターンです。
少なからず誰にでも霊感はあるものなので、霊感が無いと言われる人でも、全く霊感が無いというわけではありません。
霊感を鍛えるための修行を行うことで、霊感が無い人でも後天的に霊感をつけることが可能となります。
本来は霊感が強いものの、霊的な事柄を強く否定することによって霊感を抑えている人もいます。
霊感は鍛えることができる反面、否定することで弱まっていくという特徴もあるため、知らぬ間に自分の霊感を弱めてしまっていないかを考える必要があるでしょう。

先天的に霊感が強い

生まれつき霊感が強く、大人になっても霊感が強いままの人もいます。
巫女の末裔など、代々霊に関する仕事に就いてきた一族の子供などは、生まれつき霊感が強い場合があります。
中には霊感が強すぎて自分で制御できない人もおり、本人がいくら霊を拒否しても霊障に遭いやすくなってしまうというデメリットを抱えてしまっていることもあります。

霊能を生活の中で活かすことができない場合は、霊障に遭いやすくなるというデメリットがあるだけなので、霊能なんて必要なかったと考える霊能者もいるようです。

反面、霊能を利用した仕事で成功を収めることができる可能性もあるため、霊能を自分の特別な才能であると前向きに捉える人もいます。

後天的に霊感が強い

もともと霊感が強くはないものの、修行や特殊な経験を経て霊感を備えるようになったパターンです。
後天的に霊感が強くなった人は、霊に関する研究の末に霊感を強くすることに成功したケースが多いため、霊への対策も把握している人が多いです。

先天的に霊感が強い人と比べて、思わぬタイミングで霊障にかかって悩まされる可能性が低いという特徴があるでしょう。

霊感を持っている人の特徴

続いて、霊感を持っている人の特徴についてお伝えします。
霊感がある人の特徴を押さえ、霊能者の見分け方を身に付けましょう。
自分に霊感があるかについての判断方法としても利用してみてください。

他の人には見えないものが見える

霊感がある人は、霊感が無い人には見えないものを見ることができます。
人や動物の幽霊を見るだけではなく、これから起こる未来の映像を見たり、オーラの色を見ることができる場合もあるでしょう。
また、見るだけではなく、耳鳴りなど他の人には聞こえないような音を聞いたり、感覚で察知することもあります。

霊能力の発現の仕方は人によって異なりますが、霊感がある人は総じて一般的な人よりも感覚が鋭い人であると言えるでしょう。
他人には見えない何かを自分が確信を持って見ることができた場合は、自分に霊感があると判断して構いません。
しかし、見えていないものを見えたと主張して霊感があるふりをする人は非常に多いため、誰かが霊感があると主張している場合は一度疑った方が無難でしょう。

霊感があるふりをして霊感が無い人を騙し、お金を搾取する霊感商法も横行しているため、自分自身の霊感を磨いて偽物を見破る力をつけることが理想的です。

自分の感覚に正直である

霊感は直観力の延長線上にある能力であるため、霊感がある人は自分の感覚に正直な人が多いです。
善悪よりも好きか嫌いかという直感で物事を捉えることで、霊的な体験をした場合にも受け入れやすくなるので、霊能力を備えるためには直観的な考え方は外せない要素となるでしょう。

感情の起伏が激しい人ほど自分の感覚に対して素直であるため、霊感が強くなりやすいです。
常識や道徳観念による先入観によって霊感が曇っていくため、社会に馴染むほど霊感は薄れていきやすい傾向にあります。
霊的な体験をした時に非常識だからといって否定してしまう人や、偶然だろうと流してしまう人の霊感は、だんだんと弱くなっていってしまうでしょう。

また、他人からの意見に振り回されてしまう人も、独自の感覚を育てていくことができずに霊感を弱めてしまいます。
自分の感覚を信じす、権威のある人の意見ばかりを信じてしまうため、霊感商法の餌食になってしまう可能性が高くなるでしょう。

霊感の鍛え方

霊感商法などに騙されないための力をつける近道は、自分自身が強い霊感を備えることです。
これからご紹介する霊感を鍛える方法を実践して、少しずつ霊感を高めていきましょう。

一人になれる時間を作る

一人になれる時間をできる限り作り、じっくりと霊感を鍛える機会を持ちましょう。
霊感を高めるためには集中できる環境を作ることが大切であるため、騒音がある場所や多くの人が集まる場所は避けてください。
静かな場所で瞑想をすることで感性が磨かれるため、瞑想を習慣化させることによって霊感を高めることができます。

瞑想以外にも、外に出かけて自然や芸術に触れることで自分の感性を磨いていくことも可能です。
外部的な刺激に囚われず、自分の直感に基づいてやりたいことを決めましょう。

霊感が強い人と接触する

霊感が強い人に触れる機会を増やすことで霊感を鍛えることもできます。
仕事や趣味が上手な人は本人に影響力があるため、周りの人も上達しやすくなるでしょう。
霊感に関しても同様で、霊感が強い人の側にいることで自分の霊感も高めることができる可能性があります。

霊感が強い人が纏うオーラを知ることで、どのような人が霊感の強い人であるかという指標を得ることができるため、鍛える際に参考にすることができます。
霊感が強い人の実例を知った上で霊感を鍛えることで、闇雲に霊感を鍛える時よりも大きく霊感を磨くことができるようになるでしょう。

また、霊感に関してはお互いに触れ合うだけでオーラを交換することができるため、接触するだけで一時的に相手の霊感の一部を得ることもできます。

霊感を高めるために何から始めるべきか分からないという方は、霊感が高い人と会う機会を作り、直接触れさせてもらってみると良いでしょう。

霊感が高い人に触れた時に不思議な感覚になった場合は、その感覚を思い出すようにして霊感を鍛えていきましょう。

パワースポットに出掛ける

霊感が強い人に触れることと同じように、パワースポットに行ってみることで霊感を高めることも可能です。
時間が許す限りパワーに触れ続けると、それが当たり前の環境になるため、自然に霊感が強くなっていくことでしょう。
霊感を高めるだけならパワーの質は問われず、心霊スポットなど悪い気が多いとされる場に通うことでも強制的に霊感を高めることはできます。

しかし、霊感が高まるにつれて霊から受ける影響も大きくなるので、悪霊に憑かれてしまった場合は重大な悪影響を受けてしまう可能性もあります。

パワースポットに通って霊感を高める場合は、プラスのパワーを得ることができる神社などを選ぶ方が無難でしょう。

先入観を捨てる

霊感を高めるためのコツは、自分の直観力をいかに磨いていくかという点にあります。
自分の直観力を養うためにも、できる限り先入観を捨てる努力をしましょう。

霊感は非常にデリケートな能力であるため、自分の先入観によって限界を作ってしまうと、すぐに弱まっていってしまいます。
常識などに惑わされて自分の限界を判断せず、常に自分の直感に語りかける習慣をつけましょう。

霊感について否定的な人は多く、そのような人の話を鵜呑みにしてしまうと簡単に霊感は衰えていきます。
霊感を高めていくためにも、自分の直感や感性を否定することは避けるようにしましょう。

気のせいで流さない

霊感が磨かれていくと、不思議な偶然の連続が起きることがあります。
偶然としか思えないことでも、必然ではないかと疑いたくなるような経験は誰にでもあるでしょう。

その不思議な体験は霊的な事象である可能性があるため、偶然を気のせいだと一笑にふす人は中々霊感に恵まれません。
例えばどこかの方向から呼ばれたような気がした時に、それを気のせいであると流すことなく、呼ばれた感覚に従って進んでみると良いでしょう。

神社などのようなパワースポットに辿りつき、自分の霊感を高めるためのヒントを授けてもらえるかもしれません。
これは一例に過ぎませんが、不思議な体験をした際にはそれを否定せず、騙されたつもりで確かめてみるという姿勢が大切になるでしょう。

まとめ

霊感がある人の見分け方や、霊感の鍛え方についてお伝えしました。
霊感の強さには体質も関係しますが、鍛えることで徐々に霊感を高めていくことも可能です。
自分の感覚を大切にしつつ、諦めることなく霊感を磨く努力をしましょう。

Follow me!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事


名前:吉田 九気
出身地:京都市
生年月日:9月生まれ
霊能師・除霊師、四柱推命 鑑定士、医学気功師